PM研修



プロジェクトマネジャーとしてオフショア活用時に必要となる管理能力、コミュニケーションスキルを身につける

コース内容

  • ビジネス英会話と異文化コミュニケーション
  • プロジェクト管理基礎 要件分析
  • PMBOKの国際認知
  • 失敗から学ぶソフトウェアプロジェクト管理 批判的なチェーンソフト
  • スケジューリング リソース強制的なプロジェクト
  • スケジューリング ワークフロー管理
  • 国際経営戦略(MBAスタイルによるクラス討論と宿題) 基本技術 グローバルケーススタディ
  • 実地訓練

期間:5週間
時間:9:00~17:15(月曜日~金曜日)
研修時間数:161時間
(2~4セッション/日、1セッションは1.5時間)

概要

コミュニケーション技能、プロジェクト管理、プロジェクト戦略、および事業戦略研修後に実施
現実のケーススタディとアクティビティに集約されたクラス内容
NeSTマネージャーによる授業

目的

あらゆるアウトソーシング活動に対する学説と実地訓練
異文化間の環境におけるコミュニケーション技能と対人行動を改良するために研修生とNeSTマネージャーの相互作用

研修場所: コーチン
研修場所: コーチン
研修場所: コーチン

PM研修コース スケジュール


実施内容 時間(H)
開閉会式、オリエンテーション 17.5 17.5
研修モジュール 10
英語・異文化コミュニケーション 英語 ① スタータークラス 41 70
英語 ② コミュニケーション 21
クロスカルチャー 35
プロジェクトマネージメント  プロジェクト管理 28 73.5
事業戦略 2
技術条件提案書の作成方法 21
 実地訓練 24.4 161

※ 本研修はコーチンのRajagiri School of Management( http://www.rajagiri.edu/ )で行われます。
※ 実地訓練はトリバンドラムのNeSTのCyber Campusで行われます。
※ 英語①②クラスは研修生のレベルに合わせクラスを分割します。
※ コーチンでの研修修了時にコース証明書がRajagiri Scool Managementより発行されます。また本研修完了時にNesTより証明書が発行されます。